2021-03-01お知らせ

温熱花粉症対策・ライブ配信の続きです

2/28のライブ配信は

通信環境が不安定なため

花粉症対策の途中で終了となりました。

 

 

視聴してくださった方、

ありがとうございました!

 

 

 

そして花粉対策を

楽しみにしてくださっていた方、

申し訳ございませんでした。

 

 

続きはブログにてご紹介していきますね

 

 

 

まずはツボの位置から

 

①清明-目頭のくぼみー目の充血、眼精疲労

②鼻通-鼻の付け根、迎香よりやや上-鼻の通りを良くする

③迎香-小鼻のくぼみー鼻の通りを良くする

 

*画像では片方にのみ赤点で示していますが

左右両方となります

 

 

 

④合谷-手の甲側の親指と人差し指の付け根の間

-目のかゆみ、のどの違和感、首から頭にかけての症状を和らげる

 

 

 

 

⑤足三里-膝のお皿の下から指4本分下

胃腸の働きの低下による、免疫反応を和らげる

 

 

 

 

⑥厲兌(れいだ)-足の人差し指、爪の生え際の外側

-鼻孔に通じているツボ

-足先の末端の冷え、目や鼻の過敏な反応を和らげる

 

 

 

 

以上の①~⑥までのツボお風呂に入った時に

押してください

 

 

 

温熱カップでは

①~⑥のツボを温めるのと

後頭部、首(第3頸椎)、額を温めてください

 

 

 

結局のところ花粉症というのも

自律神経の乱れ、不規則な生活、ストレスが問題となってきます。

 

 

そうすると、やはりお勧めしたいのは全身の温熱です

 

 

上記ツボや温め箇所を中心に全身を温めて頂けたら良いなと思います

 

 

 

関東ではスギ花粉は2月中旬から4月上旬がピーク

ヒノキも反応が出る方は6月上旬あたりまで、、、

 

 

 

6月と言えば、もう半袖の季節ですよね

季節の変わり目には体調を崩しやすいので

しっかり温めて頂けると幸いです。

 

 

 

*次回FBライブ配信は3/28(日)10時を予定しております

どうぞよろしくお願いいたします

長谷章子のFBはこちら

Facebook

 

 

 

 

☆長谷代表サロンのご案内はこちら

☆インストラクター一覧はこちら

 

 

 

 

・おすすめ記事

主婦だから世界唯一の温熱カウンセリング協会を立ち上げられた

・温熱コミュニケーション 愛あるセックスレス お股の先生・長谷章子

・丹田ってどこですか?ネガティブな感情を集めて解放する場所/

HOCAのご予約はこちら

完全予約制となりますので事前にご予約ください

WEB予約はこちら